■水
イオン交換より精製後、ろ過後UV(紫外線)殺菌した精製水を使用しています。
■ ラウラミドDEA
ヤシ油・パーム核油などの油を加水分解して精製される界面活性剤。
■ ラウロイルメチルアラニンNa

低刺激で安全性の高いアミノ酸系の洗浄剤。界面活性剤。弱酸性で適度な洗浄力と脱脂力を持っていて泡立ちも良い。アミノ酸系の中でも高価な成分である
■ ココイルグルタミン酸Na
ヤシ油やココナッツ油から作られる合成界面活性剤。アミノ酸系洗浄成分です。。
■ ココアンホプロピオン酸Na
基本骨格がアミノ酸に類似した植物由来の洗浄剤。刺激が少なく、髪への吸着性、保湿効果がある。
■ ココイルメチルタウリンNa
植物由来の脂肪酸とタウリン誘導体で構成される。低刺激性洗浄剤として洗浄剤、
■BG
1,3-ブチレングリコールの略であり、グリセリンよりもさらさら感を得られる保湿性のある液状水溶性成分である。生薬成分やハーブなどの有効成分を抽出する際の抽出液としても使われる。
■ グリセリン
アルコールの一種でヤシ油やパーム油などの油脂のけん化分解で得られます。
■ベタイン
サトウダイコン、綿実そのほか多くの植物中に存在しています。植物から抽出される天然アミノ酸系保湿剤です。吸保湿性が高く皮膚や髪にすぐれた柔軟性と弾力性を示します。
■ ポリクオタニウム-10
トウモロコシなどの繊維より作られています。毛髪などに付着して保護し、コンディショニング効果を出します。 薄い皮膜を形成するので、皮膚の保護効果があることが知られています。
■ カプリン酸グリセリル
ヤシ油脂肪酸のカプリン酸とグリセリンから作られた油性成分で皮膚への油分補給が目的で配合されます。肌への刺激が少なく、乾燥を防ぎ、しっとりと柔軟性のある皮膚に保つために使用されます。
■ ラウリン酸ポリグリセリル-2
乳化剤。ヤシ油やパーム核油から得られるラウリン酸とグリセリンから得られる乳化成分.水分と油分を乳化品質を安定に保つ効果に優れる。
■ ラウリン酸ポリグリセリル-10
乳化剤。“10”の数値はモル数。皮膚に保護膜を張り潤いを保つ保湿効果に優れている。
■ ジオレイン酸PEG-120
オレイン酸とメチルグルコースのジエステルのポリエチレングリコールエーテル誘導体で、非イオン性界面活性剤です。
■ メチルグルコース
植物性脂肪酸に含まれる天然脂肪酸エステルで、乳化剤の働きがあります。
■ アルテア根エキス
アオイ科の植物アルテア(別名、ウスベニチタアオイ)から採れたエキスです。抗
炎症作用、皮膚軟化作用があり、鎮静や保湿性成分として使用しています。
■ オノニスエキス
オノニスの根及び根茎から抽出したエキスです。オノニスはアジア、ヨーロッパに分布するマメ科の半低木です。
■ カミツレ花エキス
ヨーロッパでは薬として使用されています。毛穴の老廃物を除去、抗アレルギー、鎮静作用があるのでアトピーや敏感肌、乾燥肌に効果があります。
■ スギナエキス
多年草のシダ植物スギナの全草から抽出したもの。水溶性コロイド状ケイ酸を多量に含み皮膚の代謝促進、皮膚組織内のコラーゲンやエラスチンに働きかけます。
■ セイヨウノコギリソウエキス
ヨーロッパで薬として使用されてきたハーブです。血行促進と、皮膚バランスを整える効果があります。
■ セージ葉エキス
シソ科の葉などから得られるエキスです。精油成分はフラボノイド、タンニンを多く含むので加齢やストレス等による肌の様々なトラブルから守る化粧品に適した成分です。
■ セロリエキス
セロリから得られたエキスです。保湿効果があります。
■ タチジャコウソウエキス
シソ科ヨウシュイブキジャコウソウ(タイム)の花を蒸留して得られたエキス。殺菌作用=抗酸化効果があるので吹き出物予防に効果があります。
■ フキタンポポ花エキス
フキタンポポの花、葉から得られたエキスです。柔軟効果があります。
■ メリッサ葉エキス
シソ科の植物メリッサから抽出したエキスです。収斂・保湿・抗菌作用があります。
■クエン酸
柑橘類に多く含まれている有機酸。肌のキメを整え健康な状態に保ちます。
■ ホホバ種子油
腐敗しない、抗酸化作用が高いという特徴があり、肌の保湿や肌荒れだけでなくアンチエイジングとしても注目されています。
■ ティーツリー油
オーストラリアに自生する植物。ティーツリーの葉を水蒸気蒸留することで得られる天然100%の精油です。優れた殺菌性と消毒作用があり、何千年にもわたり先住民族アボリジニの秘薬、万能薬として使われています。また、体を癒す天然成分も多く詰まっています。
■ ラベンダー油
アロマの代表的な精油。副交感神経を活性化し、自律神経のバランスを整えます。心、
感情、精神、全てのバランスを整えます。肌に直接塗布しても良いとされている精油です。
■ フェノキシエタノール
ハーブエキス等の抗菌剤として「フェノキシエタノール」を使用している場合があり表示しております。全成分表示導入から、原料に含まれてくる微量成分は’キャリーオーバー
’といい製品に表示しなくてもよいのですが(株)エムズビロードでは情報開示という考えから、微量成分でも製品に含まれている全ての成分名を記載しています。

>>ピュアドロップシャンプーのページに戻る>>

>>シャンプーのトップページに戻る>>

>>全体のトップページに戻る >>

Copyright (C) 2015 M's Broad. All Rights Reserved.